ジャムウハーバルソープを購入【デリケートゾーンの悩みに役立つ】

認知行動療法を取り入れる

頭を抱える女性

ストレスのない生活をする

PMSは、月経が始まる3〜10日前から起こる身体的・精神的不調のことを示します。不調は月経の開始とともに改善し、やがて消失していきます。PMSの原因は明らかになっていませんが、女性ホルモンが大きく関係していると考えられています。排卵から月経が始まるまでの間、女性の体ではエストロゲンとプロゲステロンという女性ホルモンが多く分泌されます。多く分泌されるはずの2つの女性ホルモンの分泌が減少するなど、ホルモンバランスの乱れがPMSの症状を引き起こしていると考えられているのです。 PMSの身体的症状は、極度の眠気やだるさ、頭痛や腹痛など多岐に渡ります。精神的症状としては、イライラや抑うつ、集中力の低下などがあります。PMSは、心や体の様々な部分に悪影響を及ぼしているのです。PMSの辛い症状を解消するために人気な方法が、認知行動療法です。認知行動療法はうつ病の治療などに用いられるそうです薬を使わない治療方法です。専門医ともに日々の行動やストレスを引き起こす要因を探り、精神的・身体的に負担なく生活する方法を探っていくのです。PMSを引き起こすホルモンバランスの乱れにはストレスが大きく関係しています。認知行動療法を取り入れれば、PMSの要因となるストレスを抑制し、症状を改善することができるのです。専門医にかからなくても、自分で認知行動療法の要素を取り入れることもできます。日々の暮らしを振り返り何が自分のストレスになるかを考えます。ストレスの要因が分かれば、月経前はストレスとなるものを遠ざけて過ごします。どうすればストレスが解消できるかを探るのも良いでしょう。認知行動療法により無理をせず穏やかに過ごせる環境を作ることがPMSの改善に効果的なのです。